2013年現在、日本は震災から2年が経ちました。
その時から比べて、日本やそこに住む人々の暮らしは、危機に直面する人々として相応しいものになっているでしょうか?

これについては、残念ながらNOと言わざるを得ません。
やはり未だに、危機に直面する人々としてその意識に欠けるところがあるような気がします。
つまり、防災対策がまだ不十分なんじゃないかと思われます。例えば、木造住宅や、古い建築基準法で建てられた物件に対して十分な不動産投資はされているのでしょうか?
また、大きな危機に対して十分な防災グッズは、備えられているのでしょうか?

家族を守る、自分の命を守る不動産投資は、是非やってほしいと思います。また、これから、家選びをするという方には、不動産に対して、「危機に強い」土地を選ぶようにしてほしいと思います。
当然、予算も大事なのですが、何よりも自分と家族の命が大切なはずです。
不動産選びにも、そのような視点が加われば、危機の対応として強い家を作ることができます。

また、家だけでは不十分で、そのような強い家でも、残念ながら使えなくなる可能性も考える必要があります。
従って、防災グッズを常にメンテナンスしんがら、備えましょう。防災グッズは、最近では、雑貨屋でセットで売っているものもあります。
まずは、基本的に必要な、防災グッズを確かめながら購入しましょう。

不動産などをお探しの方にオススメなのが福屋工務店です!ちょっとした相談も手軽に出来ちゃうので、何かお悩みがある方はすぐに相談してみて下さい。

,